測定可能サイズ

産業用X線CTでご希望の製品を測定できるかどうかは、測定対象サンプルのサイズ材質によっておおまかに判断できます。ここではその目安をご紹介します。

※ご注意※

同じサイズ・同じ材質であっても、測定対象の形状やご希望の測定内容(測定項目、測定箇所、分解能、精度etc.)によって測定できるかどうかは大きく異なります。

お電話かお問合せフォームにて測定をお考えの製品の概要をお伝え頂きますと、すぐに弊社の担当者より測定できるかどうかのご案内をさせて頂きます。是非ご利用下さい。

透過する厚み(サンプル材質とサイズ)の目安

基本的には元素番号の大きい材質ほどX線は通りづらく、また同じ元素でも密度が高いほど透過しづらくなります。その際は材質に応じてX線管の出力を上げる必要があります。300kV以上はお問合せ下さい。

透過できる厚みの目安表
材質/X線管出力 130kV 160kV 190kV 225kV
~5mm ~8mm ~25mm ~40mm
アルミ ~30mm ~50mm ~90mm ~150mm
樹脂 ~90mm ~130mm ~200mm ~250mm

右:X線管
中央:測定対象サンプル
左:検出器

TomoScopeでは、ステージ上でサンプルを360度回転させながらX線を照射します。

360度分のデータを重ね合わせることでサンプルの形状を取得しているため、どの角度からでもX線が透過する必要があります。

サンプルの形状と透過厚み

サンプルのどの部分を最大厚みとするかは、サンプルの形状によって異なります。
下図の例では同じ直径の円筒と円盤を測定しています。例えば円筒のように内部に空洞があれば、X線の通過する厚みの合計は小さくなります。(※実際に測定するときは多少サンプルを傾けて設置します。)

円盤はどの向きにサンプルをセットしても直径以上の厚みを通過する

以上の透過できる厚みは目安であり、サンプル毎に大きく異なります。測定できるかどうかを判断するには、お電話やメールでご相談頂くか、一度サンプル測定をお試し頂くことをおすすめしております。

 

X線の照射範囲(サンプル外形)の目安

機種によってX線の照射範囲に収まるサイズが異なります。最大サイズは検出器の変更や分割スキャンなどのオプションを用いた場合の最大値です。検出器は豊富なバリエーションをご用意しております。

測定レンジ

TomoScope

XS(~160kV) S(~225kV) L(~300kV) XL(~300kV)
標準

最大Φ=55mm
最大L=49mm

例:Φ10mm x L48mm
        Φ55mm x L46mm 

最大Φ=110mm
最大L=122mm

例:Φ10mm x L121mm
   Φ110mm x L95mm 

最大Φ=179mm
最大L=179mm

例:Φ30mm x L177mm
         Φ179mm x L165mm

最大Φ=362mm
最大L=378mm

例:Φ30mm x L375mm
          Φ360mm x L333mm 

最大

 最大Φ=120mm
最大L=97mm

例:Φ10mm x L96mm
         Φ120mm x L83mm

最大Φ=180mm
最大L=424mm

例:Φ20mm x L418mm
          Φ180mm x L367mm 

最大Φ=470mm
最大L=667mm

例:Φ60mm x L657mm
         Φ470mm x L568mm

 最大Φ=500mm
最大L=710mm

例:Φ60mm x L696mm
         Φ500mm x L658mm

測定を検討されているサンプルがあれば、測定できるかどうかを個別にご案内させて頂きます。
お気軽にご相談下さい。

電話でのお問合せはこちら

048-441-1133

エスオーエル株式会社                〒335-0012 埼玉県戸田市中町1-34-1

受付時間:9:00~17:30(土日祝を除く)