MSP-CT(Multi-Spectra-Tomography)

MSP-CTは、複合材品のデータ取得をする際に有効な機能です。

通常、樹脂と金属の複合サンプルをX線CTでスキャンすると、アーチファクトと呼ばれるノイズが発生します。MSP-CTオプションは、樹脂のスキャン条件と、金属のスキャン条件で各1回ずつデータ取得し、2つのボリュームデータからアーチファクト軽減されたボリュームデータを生成する機能です。これにより、複合材品であっても鮮明なデータ取得が出来、寸法測定やその他解析にお使い頂けます。

以下は、複合材サンプル(樹脂フレームに金属の端子)の測定結果の比較です。

 

その他のオプション機能

電話でのお問合せはこちら

048-441-1133

エスオーエル株式会社                〒335-0012 埼玉県戸田市中町1-34-1

受付時間:9:00~17:30(土日祝を除く)

新着情報

2017年12月
【測定事例】
TomoScope XSによる測定事例特集を追加しました。
2017年12月
【資料ダウンロード】
TomoScope XSによる測定事例集を追加しました。
2017年11月
【測定事例】
小型レンズの測定事例を追加しました。
2017年11月
【測定事例】
TomoScope XSによる測定動画を追加しました。
2017年10月
【初めての方へ】
測定可能サイズの解説ページを追加しました。