寸法測定精度保証

MKDNはMulti sphere standardや、
フォレストゲージとも呼ばれます。

 

TomoScopeは世界で唯一、寸法測定のできるX線CTとしてドイツの技術審査認定機関であるDAkkSの認証を受けていますが、その理由は2つの規格にあります。

 

まず前提として、XCTを使った寸法測定では、まだISOのような国際規格が整備されていません。

そこで、CT技術で世界をリードするドイツではISOに先駆け、VDI/VDE(ドイツ技術者協会)で独自に規格化しています。それがVDI/VDE2630です。

サファイアの基準球やMKDNという27本のピンの先端にルビー球が付いたデバイスを使い評価します。

TomoScopeはもちろんこのVDI/VDE2630に準拠しています。ただし、それだけではDAkkS認証は取得できません。

 

TomoScopeだけがDAkkSに認められている理由は、「三次元測定機として組み立てられ、VDI/VDE2617にも準拠しているから」なのです。

 

VDI/VDE2617は三次元測定機用の規格で、ISO10360に対応しています。

TomoScopeは製造時、まず三次元測定機として組み立てられます。その際、ドイツ国家計量所(PTB)で値付けされたグラススケールを用いて、X軸、Y軸、Z軸をそれぞれしっかり校正します。

 その後、X線管やディテクタなど、CTとしての要素が組みつけられ、VDI/VDE2630に準拠した精度確認が行われます。

 三次元測定機のセンサーはご要望がなければ取り外されて出荷されます。

 

VDI/VDE2630に準拠しているXCTはいくつかありますが、DAkkSとしては、ドイツ独自の規格に留まるVDI/VDE2630を根拠に認定するわけにもいきません。

しかし、TomoScopeは三次元測定機の国際規格であるISO19360に対応するVDI/VDE2617に準拠していて、そのうえでCTとして規格であるVDI/VDE2630にも準拠しているため、「寸法測定精度の保証できるX線CT」としてDAkkS認証を受けているのです。

 

TomoScopeCTとしての精度はもちろん、装置空間内の座標系までトレーサブルですので、安心してお使い頂けます。

トレーサビリティ体系図

TomoScope製造工程

①三次元測定機として組み立て、精度確認

 VDI/VDE2617準拠

②X線管などCTの要素を追加、精度確認

 VDI/VDE2630準拠

③三次元測定機のセンサー取り外し、出荷

電話でのお問合せはこちら

048-441-1133

エスオーエル株式会社                〒335-0012 埼玉県戸田市中町1-34-1

受付時間:9:00~17:30(土日祝を除く)

新着情報

2017年5月
【新オプション情報】
OnTheFly(高速スキャンオプション)がリリースされました。
2017 年5月
【新製品情報】
TomoScopeシリーズから最小モデルであるXSがリリースされました。
2017年4月12日
【展示会情報】
2017/5/24~26にパシフィコ横浜で開催の「人とくるまのテクノロジー展」に出展します。
小間番号:25
 
2017年2月23日
【雑誌掲載情報】
検査技術2017年3月号(日本工業出版発行)に記事「寸法測定X線CTと注目の機能」が掲載されます。