非破壊の寸法測定・CAD解析なら                              

「TomoScope」にお任せください!

                        樹脂・アルミ・鉄・複合材もOK 

近年、製品の小型化・複雑化に伴って、測定検査の在り方も変わってきています。その一つに「X線CT装置を使った測定」があります。そして、世界で初めて誕生した内部観察だけではない、「寸法測定用のX線CT装置」がこのサイトでご紹介している「TomoScope」です。

「TomoScope」ならサンプルを置いて測定開始をするだけで自動的に内部形状まで再現された3Dデータが得られます!

あとは内部の欠陥観察はもちろん、3Dのデータから自由に断面をカットして寸法測定をすることも簡単ですし、CADと比較して偏差(製品とCADがどの位ずれているか)を確認したり、アセンブリーでそれぞれの部品の組み付け具合や隙間を確認したり。サンプルの全データがPC上に3Dで再現されていますので、マウス操作で簡単に色々な解析が可能です。

しかも「TomoScope」は従来X線CT装置が苦手とする金属や複合材料でも定評があります。

さらに寸法測定用X線CT装置として、世界で唯一DAkkS認証を取得。寸法精度を保証しています。

こんな課題・お悩みを抱えているご担当者様は、是非一度お試し下さい!
  • 「三次元測定機では測定できない箇所がある」
  • 「製品を切断せずに測定したい」
  • 「測定ポイントが多く、時間が掛かる
  • 複合材で測定の手法がない」
  • CADを使った品質管理手法を確立したい」

展示風景です。1/3模型が目印です。
模型の窓を覗くと、測定の様子を紹介した動画をご覧頂けます。

展示会情報

2019年
10月23-26日
メカトロテックジャパン
(ポートメッセなごや)
4月17-20日
インターモールド
(東京ビッグサイト)
2018年
11月1-6日
JIMTOFー日本国際工作機械見本市ー
(東京ビッグサイト)
【小間:東7E7007】
9月26-28日
JIMAー総合検査機器展ー
(東京ビッグサイト)
【小間:J-72】
7月11-13日
人とくるまのテクノロジー展名古屋
(ポートメッセなごや)
【小間:No.164】
5月23-25日
人とくるまのテクノロジー展横浜
(パシフィコ横浜)
【小間:No.10】

(※精度表記変更のお知らせ※2018.7.31)

これまで当サイトにおいてTomoScopeの測定精度は、最も厳しい(4.5+L/75)μm のみをご紹介してきました。しかし最近のX線CTを用いた寸法測定に関する精度保証への関心の高まりに伴い、下記の通り、より詳細な精度をご紹介することに致しました。 (※装置の性能および保証内容自体に変更はございません。)

【旧】最大許容誤差:(4.5+L/75)μm

【新】最大許容誤差 (MPE):
    球間距離測定誤差   SD: (3.5+L/100)μm
    球エッジ距離測定誤差 E: (4.5+L/75)μm
    プロービング誤差   P: 4.5μm

    ※全てDAkkSの認証内、精度保証

※MPE_SD および MPE_E は、ISO 10360(VDI/VDE 2617、JIS B7440) に従っておりますが、慣例により表記の「±」は略しております。

それぞれの精度の内容に関しては下記リンク(ページ中盤付近、特徴2)をご覧下さい。今後とも、TomoScopeを宜しくお願い申し上げます。

電話でのお問合せはこちら

048-441-1133

エスオーエル株式会社                〒335-0012 埼玉県戸田市中町1-34-1

受付時間:9:00~17:30(土日祝を除く)

新着情報

2018年7月
2018年7月
【測定事例】
ベアリングの測定事例を追加しました。
2018年5月
【測定事例】
コネクタハーネスの測定動画を追加しました。
2018年4月
【測定事例】
アクチュエータの測定事例(福島大学協力)を追加しました。
2018年4月
TomoScopeXSの精度が(6.5+L/75)μmから(4.5+L/75)μmに更新されました。
2018年3月
東京都信用金庫協会・しんきん協議会連合会・東京事業経営者会主催 「平成30年度 優良企業表彰式」で特別奨励賞を受賞しました。