精度検証:ブロックゲージ測定

校正原器の一例。
ルビー球の直径や中心間距離など、
351通りの寸法を測定しています。

使用したブロックゲージ。
今回は上半分を測定しました。

TomoScopeは、世界で唯一寸法測定精度4.5μmを保証しています。しかしこの「4.5μm」という数値は、あくまで決まった校正原器を測ったときの精度。寸法精度を重要視されるお客様からは、よくこんなご質問をいただきます。

 

「じゃあ、校正原器以外を測ったときの精度はどうなの?」

「実際の製品を測ったらどのくらい精度が出るの?」

 

こうした疑問にお答えすべく、SOLでは寸法のはっきりわかっている製品=ブロックゲージを測定し、 TomoScopeの寸法測定精度を検証しました。

 

◇測定ワーク(ブロックゲージ)

素材
サイズ 20mm x 9mm
厚み 1mm
公差 ±0.5μm

◇測定条件(抜粋)

管電流 225kV
視野

16mm

ボクセルサイズ 16μm

 

◇測定の概要

TomoScopeでブロックゲージをスキャンしてSTLデータを生成し、縦断面と横断面をとります。

縦断面は1.75mm間隔、横断面は2mm間隔で断面取得

各断面の厚みを、下図のように0.5mm間隔で寸法測定しました。

例:横断面1

◇測定結果

厚みのMax値とMin値の差から算出した、各断面の測定誤差は以下の通りです

※刻印部分の値は除く

結果、ブロックゲージの測定誤差は最大で±3.7μmでした。ブロックゲージ自体の誤差0.5μmを含めても、TomoScopeの寸法精度保証4.5μmに収まっていることが確認できました。

 

電話でのお問合せはこちら

048-441-1133

エスオーエル株式会社                〒335-0012 埼玉県戸田市中町1-34-1

受付時間:9:00~17:30(土日祝を除く)