CTは、「観る」から「測る」時代へ。

近年、製品の小型化・高精度化に伴って、測定検査の在り方も変わってきています。

その一つとして注目されている方法に「X線CT装置による非破壊寸法測定」があります。

X線CT装置と言うと、内部を観察するものとご認識されている方が多いと思いますが、このサイトご紹介するTomoScopeは「X線CTの技術」と「三次元測定機の技術」を組み合わせることで、

「非破壊で内部を含むサンプル全体の形状を取得し、且つ高精度な寸法測定や幾何公差測定が出来る」という新しいカテゴリーのX線CT装置です。

 

測定対象物は、樹脂、ゴム、単一金属(アルミ、鉄など)、複合品など幅広い材質にご活用頂けます。

 

測定時間はデータ取得まで最短2分! 

 

CADを使って3D形状のまま解析をしたり、データ上で任意の断面を指定し2Dの解析をしたりと、お客様のご要望に応じた様々な解析方法をご用意しています。

さらに寸法測定用X線CT装置として、世界で初めてDAkkS認証を取得。寸法精度を保証しています。

こんな課題・お悩みにお応えします!

  • 「三次元測定機では測定出来ない箇所がある」
  • 「製品を切断せずに測定したい」
  • 「測定ポイントが多く、時間が掛かる
  • アセンブリした後は測定の方法がない」
  • CADを使った品質管理手法を確立したい」

データとCADの比較

TomoScopeで取得する3Dのデータのうち、STL(ポリゴン)データを使った解析です。CADに取得したSTLを重ねる事で、CADに対しサンプルはどこがどの位ずれているのかが三次元的にカラーで分かります。

STLデータ同士で重ね合わせて、製品のバラつきや、金型の変形なども計測出来ます。

寸法測定・幾何公差測定

TomoScopeは三次元測定機メーカーが造るX線CT装置の為、測定用のオリジナルソフト(WinWerth)が標準で付いています。

距離、直径、角度などの寸法や、真円度、同軸度、直角度など幾何公差も内部の形状含めて測定可能です。

リバースエンジニアリングに

開発品では、試作サンプルをスキャンし、取得した3Dデータを活用する事で、CAD修正や金型修正などに掛かる時間を大幅に短縮出来ます。

 

主に樹脂サンプル向けに展開しているTomoScope XSシリーズ(~160kV)と、金属や複合品サンプル向けに展開しているTomoScope S(~225kV)やL(~300kV)に内容を分けてご紹介しています。

電話でのお問合せはこちら

048-441-1133

エスオーエル株式会社

〒335-0012 埼玉県戸田市中町1-34-1

受付時間:9:00~17:30(土日祝を除く)