【樹脂製品対象】TomoScope XS

測定事例

特徴

TomoScope XSって?

 

ドイツの三次元測定機メーカーWerth(ベアト)が世界で初めて開発した、       計測用のX線CT装置です。

従来の産業用CTの特徴である「内部を非破壊・非接触で見る」という用途に加えて、  非破壊・非接触のままサンプル全体のデータを取り込み、寸法測定幾何公差測定CADと重ねて偏差を解析するなど、さまざまな解析にご対応しています。

TomoScopeシリーズの中でも最小モデルのTomoScope XSは、X線の最大出力160kV。  樹脂やゴムの製品に最適です。

コンパクトな造りですが、性能は業界トップクラスです!

     TomoScopeのメリット

✅ 内部の形状も非破壊で解析

✅ 人によるバラつきがない

✅ 特に同じ形のサンプルをたくさん測定する場合、時間を大幅カット

✅ リバースエンジニアリングにも使えます

✅ 不良品の原因をすぐに特定し、歩留まりアップ!

 

装置概要

 

◆ 概要:計測用X線CT装置 (さまざまな測定・CAD解析・内部観察用途)

◆ 精度:最大許容誤差(MPE)

     ・球間距離測定誤差(SD)    :(3.5+L/100)μm

     ・球エッジ距離測定誤差(E):(4.5+L/75)μm

               ・プロービング誤差(P)       :4.5μm

◆ サンプルサイズ:

                 ・TomoScope XS:最大φ=277 mm、最大L=149 mm 

                 ・TomoScope XS Plus:最大φ=289mm、最大L=456mm

       安心のサポート体制

海外製品はご導入後のサポートが心配というお声をよく聞きます。

しかし弊社が国内のTomoScope総代理店として、ご評価から立上げ作業、アフターサポートまでしっかりご対応致します!

 

 

電話でのお問合せはこちら

048-441-1133

エスオーエル株式会社

〒335-0012 埼玉県戸田市中町1-34-1

受付時間:9:00~17:30(土日祝を除く)