【金属・複合品対象】TomoScope S/L/XL

TomoScopeはアルミや鉄などの単一金属製品や、アセンブリ品の測定解析でも使われています。

一番の特長は、X線CT装置で難点として挙がる「アーチファクト」への対策です。

装置が三次元測定機ベースであるという利点を生かして、ノイズの少ないデータを取得し、内部観察だけではなく、高精度な寸法測定や幾何公差測定、CAD解析などを行えます。

測定事例

特徴

TomoScopeって?

 

ドイツの三次元測定機メーカーWerth(ベアト)が2005年に世界で初めて開発した、   計測用のX線CT装置です。

従来の産業用CTの特徴である「内部を非破壊・非接触で見る」という用途に加えて、  非破壊・非接触のままサンプル全体のデータを取り込み、寸法測定幾何公差測定CADと重ねて偏差を解析するなど、さまざまな解析にご対応しています。

CTで金属をスキャンすると、通常「アーチファクト」というノイズが発生し、     必要なデータが得られない事が多くあります。

TomoScopeはその「アーチファクト対策」で高いご評価を頂いています。

        主な解析内容

✅ 内部形状を含む寸法測定・幾何公差測定

✅ CAD比較

✅ 肉厚・面積・体積測定

✅ 内部観察や欠陥解析

✅ リバースエンジニアリングにも使えます!

 

装置概要

 

◆ 概要:計測用X線CT装置 (さまざまな測定・CAD解析・内部観察用途)

◆ 精度:最大許容誤差(MPE)

     ・球間距離測定誤差(SD)    :(3.5+L/100)μm

     ・球エッジ距離測定誤差(E):(4.5+L/75)μm

               ・プロービング誤差(P)       :4.5μm

◆ サンプルサイズ:

                 ・TomoScope S:最大φ=212mm、最大L=419mm 

                 ・TomoScope L:最大φ=470mm、最大L=678mm  

                 ・TomoScope XL:最大φ=530mm、最大L=725mm  

    10分以内にデータ取得完了

 

TomoScopeでは金属サンプルであってもスキャンから最短10分以内に3Dデータ(ボリュームデータとSTLデータ)を取得出来ます。

データ取得後はデータ上でX,Y,Z軸の基準を設定し、任意の断面を取得し2Dで測定解析をしたり、3Dデータのまま内部観察や測定、CAD解析を行えます。

同じ形状のサンプルであれば、2個目以降は解析をプログラム化して自動対応も可能です。

測定箇所が多いサンプル程、TomoScopeによって時間短縮が期待出来ます!

 

 

 

安心のサポート体制

 

装置はドイツ製ですが、国内のサポートは弊社が全て行っています。

専任エンジニアがご対応し、デモ設備や部品ストックも社内に揃えています。

ご評価からご導入後のサポートまで、お気軽にご相談下さい。

 

電話でのお問合せはこちら

048-441-1133

エスオーエル株式会社

〒335-0012 埼玉県戸田市中町1-34-1

受付時間:9:00~17:30(土日祝を除く)